第6回稲盛フロンティア研究講演会(平成23年1月5日)を開催しました。


  • 平成23年1月5日(水)稲盛財団記念館稲盛ホールにおいて第6回稲盛フロンティア研究講演会
     「界面現象解明に向けた計算科学の基礎・基盤技術と応用」を開催しました。

●講演プログラム
 13:10~ あいさつ
 13:10~ 長嶋雲兵(産業技術総合研究所)
      Path integral molecular dynamics for hydrogen adsorption site of zeolite-templated
      carbon with semi-empirical PM3 potential
 13:50~ 川島雪生(九州大学)
      徐冷法による分子クラスターの安定構造探索
 14:20~ 塩田淑仁(九州大学)
      高原子価金属オキソ種の電子状態とその反応性に関する量子化学計算
 14:50~ 稲富雄一(九州大学)
      並列FMOプログラムのOpenFMOの高性能化について
 15:20~ 休憩
 15:50~ 五十木秀一(日本SGI株式会社)
      核力にVan der Waalsポテンシャルを付加したときの陽子‐重陽子3核子散乱の検証
      ~核力は湯川型ポテンシャルのみで記述すべきか?~
 16:20~ 石元孝佳(九州大学)
      固体高分子形燃料電池の高耐久化・高性能化に向けた計算化学的アプローチ
 15:50~ 小倉鉄平(九州大学)
      固体酸化物形燃料電池の高耐久化・高性能化に向けた計算化学的アプローチ
 17:30~ 懇親会

001.JPG 002.JPG 003.JPG

004.JPG 005.JPG 006.JPG

007.JPG 008.JPG 009.JPG

010.JPG 011.JPG 012.JPG


●主催:九州大学 稲盛フロンティア研究センター
  共催:化学工学会エネルギー部会燃料電池・電池分科会、触媒学会コンピュータの利用研究会
     カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所