山崎 仁丈 教授

 九州大学 エネルギー研究教育機構 統合エネルギー教育ユニット
 稲盛フロンティア研究センター 先進機能性無機材料研究部門 (兼任)
 大学院工学府 材料物性工学専攻 材料機能工学講座 エネルギー材料工学
 工学部 物質科学工学科 材料科学工学コース

 〒819-0395 福岡市西区元岡 744 九州大学 稲盛財団記念館 406号室
           email: yamazaki@ifrc.kyushu-u.ac.jp
           tel : 092-802-6966
            (Google Scholar, Linkedin, 九大研究者情報DB)


職歴:2017. 8〜      九州大学 エネルギー研究教育機構 統合エネルギー教育ユニット・教授
       2017. 8〜      九州大学大学院工学府材料物性工学専攻 材料機能工学講座
                          エネルギー材料工学・教授
         2017. 8〜      九州大学稲盛フロンティア研究センター
                            先進機能性無機材料研究部門・教授(兼任)
       2015. 4〜       九州大学工学部物質科学工学科 材料科学工学・教授
       2015. 4〜2017.7    九州大学大学院工学府材料物性工学専攻 表面機能創成学講座・教授
         2014. 8〜2017.7    九州大学稲盛フロンティア研究センター
                          先進機能性無機材料研究部門・教授
         2014. 8〜2016.3  科学技術振興機構・さきがけ研究員(兼任)
         2011. 1〜2016.3    カリフォルニア工科大学・客員アソーシエート(兼任)
         2010.10〜2014. 7  科学技術振興機構・さきがけ研究員
         2008.10〜2010. 9  カリフォルニア工科大学・上級博士研究員
         2007. 4〜2008.10  東北大学大学院工学研究科材料物性学専攻・助教
         2006.10〜2008.10 日本学術振興会・海外特別研究員
                          カリフォルニア工科大学・客員研究員
         1997. 4〜2007. 3   東北大学大学院工学研究科材料物性学専攻・助手

学歴:2004. 3 東北大学 博士(工学)
         1997. 3 東北大学大学院工学研究科材料物性学専攻 博士課程前期2年の課程修了
         1995. 3 東北大学工学部材料物性学科卒業
         1991. 3 福井県立大野高校卒業

受賞:
          2016  The Chemical Conversion of Light Energy Prize 2016,
                    Japan Science and Technology Agency, PRESTO
          2015  九州大学研究活動表彰, 九州大学
          2011  第18回固体イオニクス国際学会ベストポスター賞, L. Buannic, F. Blanc,
                    Y. Yamazaki, L. Sperrin, D.S. Middlemiss, R. Dervisoglu, Z. Gan,
                    S.M. Haile and C.P. Grey, ポーランド
          2005  原田研究奨励賞, 本田記念会
          2004  日本金属学会奨励賞, 日本金属学会
          2002  青葉工業振興会奨励賞, 青葉工業振興会
          1999  石原浅田奨励賞, 日本鉄鋼協会

所属学会:日本金属学会, 日本固体イオニクス学会, 電気化学会

委員:
          2017.12~ JST SICORP・アドバイザー
          2017.11   The 3rd Solid-state Chemistry & Ionics (SCI) Workshop・議長
          2017.7~   九州大学システム情報科学府博士課程・アドバイザリー委員
          2016.12   The 2nd Solid-state Chemistry & Ionics (SCI) Workshop・議長
          2016.12~ 日本固体イオニクス学会・社員
          2016.10   The 1st Solid-state Chemistry & Ionics (SCI) Workshop・議長
          2016.9     Engineering Confrerence International (ECI):
                      Nonstoichiometric Compound VI・議長
          2016.3~   日本金属学会九州支部・世話人
          2015.9     日本金属学会・秋季(157回)講演大会実行委員
          2015.4~   日本金属学会・第5分科会委員
          2011.3     World Academy of Ceramics: International Prize 2012 nominator
          2010.8     The 15th International Confrerence on Solid-State Protonic Conductor
                      (SSPC15) ローカルオーガナイザー副議長


教員およびスタッフ

氏名 身分 担当・連絡先・研究者DBへのリンク
兵頭 潤次 特任助教, Ph.D.,
稲盛フロンティア研究センター
先進機能性無機材料研究部門

tel: 092-802-6967

email: hyodo@ifrc.kyushu-u.ac.jp

  内定 教授秘書,
稲盛フロンティア研究センター
先進機能性無機材料研究部門

tel: 092-802-6967

email: xxx@ifrc.kyushu-u.ac.jp

博士研究員

氏名 連絡先 所属
JSPS博士研究員募集中 xxxx 稲盛フロンティア研究センター先進機能性無機材料研究部門

 

学生

氏名 学年, 連絡先 専攻
松井 直喜 D2, 特別研究学生,東京工業大学 大学院工学府材料物性工学専攻
内山 雄貴 D1, y-uchiyama(at)ifrc.kyushu-u.ac.jp 大学院工学府材料物性工学専攻
星野 健太 D1, k-hoshino(at)ifrc.kyushu-u.ac.jp 大学院工学府材料物性工学専攻
募集中 D1, xxxx 大学院工学府材料物性工学専攻
募集中 社会人D1, xxxx 大学院工学府材料物性工学専攻
Hazim Kamal M2 (Global course), h-mohamed(at)ifrc.kyushu-u.ac.jp Department of Materials Physics and Chemistry, Graduate School of Engineering
林田 祐治 M2, y-hayashida(at)ifrc.kyushu-u.ac.jp 大学院工学府材料物性工学専攻
石橋 健太郎 M2, k-ishibashi(at)ifrc.kyushu-u.ac.jp 大学院工学府材料物性工学専攻
田仁 裕也 M2, y-tani(at)ifrc.kyushu-u.ac.jp 大学院工学府材料物性工学専攻
板東 芳朗 M1, y-bando(at)ifrc.kyushu-u.ac.jp 工学部 物質科学工学科 材料科学工学コース
募集中 M1, xxxx 大学院工学府材料物性工学専攻
Muhammad Amir 4年生, m-amir(at)ifrc.kyushu-u.ac.jp 工学部 物質科学工学科 材料科学工学コース
江原 駿太 4年生, s-ehara(at)ifrc.kyushu-u.ac.jp 工学部 物質科学工学科 材料科学工学コース
黒岩 誠 4年生, m-kuroiwa(at)ifrc.kyushu-u.ac.jp 工学部 物質科学工学科 材料科学工学コース
山下 翼 4年生, t-yamashita(at)ifrc.kyushu-u.ac.jp 工学部 物質科学工学科 材料科学工学コース

 

訪問研究者

氏名 所属
紅林 秀和 非常勤講師、講師@University College London, h.kurebayashi@ucl.ac.uk
JSPS Scholar

 

協力教員

身分 氏名 所属
部門長・教授 金子 賢治 工学研究院・材料工学部門
教授 尾﨑 由紀子 工学研究院・材料工学部門
教授 土山 聡宏 工学研究院・材料工学部門
教授 石原 達己 工学研究院・応用化学部門(機能)

 

卒業生など

  氏名 卒業年・身分 現在の所属など
那 嘉キ 2018.3.31・学士@九州大学工学部物質科学工学科 中国東北地方
内藤 慶太郎 2018.3.20・学士@九州大学工学部物質科学工学科 東京工業大学・修士課程
山本 健太郎 2016.3・特任助教@九州大学稲盛フロンティア研究センター 京都大学, 特任助教
Chih-kai Yang 2014.8・Ph.D@California Institute of Technology, USA Process TD Engineer@Intel, USA
Stephen Wilke 2013.6・Technician@California Institute of Technology, USA Ph.D candidate@Northwestern University, USA
William Graf 2012.8・Technician@California Institute of Technology, USA MBA@UCLA, USA
Jason Potticary 2012.6・Volunteer@California Institute of Technology, USA Ph.D candidate@Bristol University, UK
Yuji Okuyama 2011.1・Visitor@California Institute of Technology, USA Associate Professor@ University of Miyazaki, Japan
Guttorm E. Syvertsen 2010.12・MS@California Institute of Technology, USA Norwegian University of Natural Sciences and Technology, Norway
Bjorn B. Bjornsson 2010.8・Summer Undergraduate Research Fellow@California Institute of Technology, USA MBA@Oxford University, UK
Juan C. Lucio-Vega 2010.8・Summer Undergraduate Research Fellow@California Institute of Technology, USA Ph.D candidate@Delaware University, USA
Raul Hernandez-Sanchez 2009.8・Technician@California Institute of Technology, USA Ph.D@Harvard University -> PostDoc@Columbia University -> Assistant Professor@Univ. Pittsburgh, USA
Verena Klass 2008.8・MS@California Institute of Technology, USA Ph.D@KTH Royal Institute of Technology, Sweden

 

これまでの訪問研究者

氏名 所属
Milan Solik

IAESTE Scholar@Kyushu Univeristy.

A message from Milan.

As a student of chemical engineering in Prague, Czech Republic who loves to meet new cultures, I am always looking for new ways to learn something new abroad. This year I had an unforgettable opportunity to spend my summer in research group of prof. Yamazaki.
I came to the group thanks to the international organization IAESTE. This organization provides internships worldwide and I was lucky enough to have mine at Kyushu University at Yamazaki Group. From the beginning, I had my own project to work on. At first, I was guided all the time. They provided me information about the topic and answered all possible questions I had. Since I had not had experience with some of the techniques we used, they taught me how to use them precisely. After some time, I was much more independent and was allowed to work by my own just with supervision. Whole working experience was really good and I really did appreciated approach of my supervisors.
My co-workers and I spend some time also out of laboratory. Not only they arrange a welcome party for me, we went together for a sushi or karaoke. During my stay, there was a volleyball tournament of a department and I was part of a team. General working atmosphere was really nice there and I am glad I could meet so friendly people there.
Even though I was there just two months, I would recommend such an experience to anybody. I learned a lot, grown professionally, could help with meaningful research and meanwhile met Japanese culture. Thanks to IAESTE and Yamazaki group I had truly unforgettable summer.

西岡 駿太 D1、特別研究学生、東京工業大学, nishioka.s.aa@m.titech.ac.jp
山崎研
2018

2017

2016

2015

PAGE TOP Top Research Philosophy People Publications Activities Teaching SCI workshop Access Links