本年度 2016FY 2015FY

2015FY

H27後期 表面機能制御学(大学院生)

2016.2.8
 皆さま、月曜1コマにもかかわらず今日まで本講義を受講いただき、ありがとうございました。今日の授業では皆さんが間違って理解している所を中心に解説する形になりましたが、これは皆さんにレポートで良い点を取っていただきたく思った結果です。今回解説した点をきちんと理解し、レポートを提出いただければ、きっと良い結果になるものと思います。他の授業よりも負荷が高かったと思いますが、その分、生涯役に立つ経験が得られたのではないかと思います。皆さまの今後のご活躍を祈念します。山崎

日時:月曜1コマ(8:40~10:10)
場所:第7講義室
講師:山崎 仁丈 教授
教科書:「ベーシック表面化学」化学同人
(固体についての教科書:「固体の電子構造と化学」Cox著、技法堂出版
評価:出席(15点)、質問(×1点)、グループプレゼンテーション(内容、質問、回答等, 第一回目:5点, 第二回目:20点)、レポート(内容、日本語のわかりやすさ, 50点)

概要

燃料電池や光触媒などの最先端エネルギーデバイスや材料では、材料表面を巧みに制御することで目的とする機能を発現している。本授業では、これら物質・エネルギー変換機能の発現および制御に必須となる固体電子論や点欠陥について講義する。教科書に指定した「固体の電子構造と化学」の内容は非常に良いが、残念ながら日本語訳が良くない。内容が理解できない場合も日本語訳が悪い可能性がある。原本(英語版)を合わせて読むことを強く勧める。

プレゼンテーショングループ
グループA:宜本、高井、内田、福島
グループB:浅野、橋本、田中、大賀(敬称略)

授業予定
1. 10/2(Mon)  ガイダンス
2. 10/15(Thu) 休講(大多数の学生が同時間帯開講の特別講義を受講するため)
3. 10/19(Mon) イントロダクション
4. 10/26(Mon) 表面の構造と電子状態
5. 11/2(Mon) 表面の電子状態、グループ決め
6. 11/9(Mon) 電子論と吸着モデル
7. 11/16(Mon)  固体中の電子と電子状態の測定
8. 11/30(Mon) プレゼンテーション I (12分発表、20分質問:5点)
  グループA:
  グループB:Role of oxygen vacncy in the plasma-treated TiO2 photocatalyst with visible light activity for NO removal, J. Molecular Catalysis A: Chemical 161(2000), 205.
9. 12/7(Mon) 光触媒、プレゼンテーション講評
10. 12/14(Mon) 電子構造と化学結合
11. 12/21(Mon) 欠陥および不純物
12. 1/6(Wen) 不純物および表面
13. 1/18(Mon) 最終プレゼンテーション (12分発表、28分質問:20点)
  グループA:Increasing Solar Absorption for Photocatalysis with Black Hydrogenated Titanium Dioxide Nanocrystals, Science 330(2011), 746.
  グループB:Elucidation of Rh-Induced In-Gap States of Rh:SrTiO3 Visible-Light-Driven Photocatalyst by Soft X‑ray Spectroscopy and First-Principles Calculations, J. Phys. Chem. C 116(2012), 24445.
14. 1/25(Mon) 雪のため休講
15. 2/8(Mon) プレゼンテーション講評およびレポートについて(授業アンケート)
16. 2/15(Mon) 17:00レポート提出締切 (50点, 稲盛フロンティア研究センター406号室入り口のボックスまで)

 

H28 1/21 物質科学工学概論第二(1年生)

日時:木曜4コマ(14:50~16:20)
場所:工学部第一講義室(西講義棟2階)
講師:東田 賢二 教授、山崎 仁丈 教授

H27 12/16 化学(日韓共同理工系学部生)

日時:水曜3コマ(13:00~14:30)
場所:W4-862
講師:山崎 仁丈 教授

学習用リンク

  • periodic table
  • wikipedia  or ウィキペディア
  • 3D molecular orbitals, University of Liverpool

  • 材料科学工学コース(学部)シラバス
  • 材料物性工学専攻(大学院)シラバス

  •  

    PAGE TOP Top Research People Publications Activities Teaching SCI workshop Access Links